toggle
2015-10-26

fratto vol.22 終刊号

IMG_1960

fratto vol.22が入荷しました。

毎号、興味深い記事と美しい写真で楽しみにされている方も多いfratto。

残念ながら今回の号で休刊となります。

最終号の特集は『どうしても伝えたいこと。』

ぜひお手に取ってみてください。

680yen

 

“2006年春に創刊して以来、

10年にわたってこの地域の風物をさまざまに取り上げてきた。

豊橋を中心にしながら、三河湾に臨む東西の三河エリア、

遠州灘と浜名湖を擁する浜松をはじめとした遠州エリア、

ときに足を伸ばして信州や東濃、海でつながる伊勢まで。

ごく限られたフィールドでありながら、掘り下げてみればそこには

多様な暮らしや歴史、文化が息づき、どこの土地をとってみても、

知れば知るほど、語り尽くせない魅力がある。

そのすべてを伝え切れないもどかしさはありつつも、

終刊にあたり、設楽ダム建設計画をはじめ、

これだけはどうしても伝えたいテーマを絞った。

そこには譲れない強い想いを持って

自分の道をゆく人たちの生き方がある。

『fratto』は今号で終刊となるも、

しばし、そのひたむきな歩みに寄り添いたい。”

 

■特集
どうしても伝えたいこと。

□設楽の森にダムができる

□まだ終われない戦い
設楽ダムの建設中を求める会 市野和夫さん

□《特別寄稿》
荒瀬ダムにつづけ! ダム撤去時代の幕開け
熊本県・球磨川 写真・文 浦 壮一郎

□武器ではなく楽器を! 音楽の街の平和パレード
LOVE & PEACE MUSIC パレード

□《特別寄稿》
無関心ではいられても、無関係ではいられない
~憲法に反する安保関連法〜
弁護士 内山 宙

□豊川海軍工廠
1945年8月7日 あの夏の日を想う

□吉村医院
“お産”という山越えを見守り続けるまなざし

□文化遺産VS駐車場
保存と解体がせめぎ合う「森岡の家」

□博士が遺した思想
コルゲートパイプの家

□ちいさな店からはじめる
店主たちの物語

 

タグ: , ,
関連記事