toggle
2016-10-21

新刊のご紹介とカフェ改装の途中経過

img_7375

『ゼロ・ウェイスト・ホーム』ベア・ジョンソン著 1.700yen+tax

 

カリフォルニア在住のフランス人女性による、シンプルでモノを持たない暮らしの〝実践ガイド〟邦訳版。

家族4人が1年間に出すゴミの量がガラス1本分(=1リットル)という

驚異の「ゼロ・ウェイスト(ごみを出さない)」生活を続けている著者。

その驚くべき挑戦と優雅で洗練された暮らしぶりは、月間25万PVの人気ブログから世界に発信され

ニューヨークタイムズなど多数のメディアで紹介されています。

「断捨離」「ミニマリスト」のさらに一歩先を行く、持続可能でシンプルな暮らし方を

取り入れるヒントが満載!興味のあるところから、できるところから始めてみませんか?

 

 

img_7378

『野菜たっぷり すり鉢料理』宮本しばに著 1.600yen+tax

 

便利な電動道具が増える中で忘れられがちな「すり鉢」は、じつにたくさんの仕事をしてくれます。

基本のごますりや定番のごま和えをはじめ、和・洋・中・エスニックからデザートまで。

すり鉢の可能性を広げる個性豊な「すり鉢料理」を紹介しています。

すり鉢の選び方やお手入れ方法などをまとめたQ&Aも収録。

すり鉢の魅力を再発見できる一冊です。

 

 

img_7372

カフェの改装の途中経過を、、、

今月に入ってからオーナー自ら少しずつ改装しています。

厨房はほぼ形になってきて、製材所に発注していた大きなカウンターの杉板も届きました。

リニューアル後は、このカウンター席がカフェの顔になる予定。

 

img_7381

杉のカウンターは、お店でも販売している天然のかるかやのタワシを使って、

手作業で浮造(うづくり)仕上げにしています。

浮造仕上げとは木の板・柱などの柔らかい部分を磨きながら削ぎ落として木目を浮き上がらせ、

木材の見た目を美しくする方法。

天然のかるかやは入手しにくくなってきたこともあり、

ワイヤーブラシや電動工具を使うことも多くなっているそうですが

天然素材でやってみると、昔ながらの優しい雰囲気に仕上がるような気がします。

 

関連記事