toggle
2016-11-14

こもぱんさんのシュトーレン

img_8766

早いもので11月も半分が過ぎようとしています。

そろそろクリスマスの飾りつけや準備を始める頃ではないでしょうか。

今年も田原市にあるパン屋さん「こもぱん」さんからシュトーレンが届きました。

これ、とても美味しいので、食べ出すと止まらなくなって困ります。

 

シュトーレンとは、ドイツで古くから伝わるクリスマスのお菓子。

その形はおくるみに包まれた幼子イエスを、白い粉糖は降り積もる雪をあらわすと言われています。

ドイツでは11月からシュトーレンが焼かれ始め、12月1日には町中のパン屋さんやお菓子屋さんの

店頭に並び、クリスマスシーズンの到来を告げます。

日がたつにつれ、ラム酒やフルーツの香りが馴染んで味わい深くなっていきます。

薄くスライスしてコーヒーや紅茶のお供に。ワインなどのお酒にも合いますよ。

 

シュトーレンはカフェでのイートインもできますので、お気軽にスタッフにお申し付けくださいね。

 

関連記事